(COMME des GARÇONS SHIRT)の2021年春夏コレクションが、2020年7月28日(火)、東京・南青山にて発表された。巧みなテクニックと創造性で、シャツの深化と進化をすすめるコム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真26東京のコム デ ギャルソン本社を会場に発表された今季のコム デ ギャルソン・シャツ。会場は変われど、シャツから生まれるストーリーの豊かさは変わらない。緻密なテクニックと創造性で、シャツの深化と進化をすすめる。フォーマルのディテールを再解釈するコム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真2ストーリーの主役であるシャツを表現する中、まず目を引いたのが、変形襟のシャツ。長く垂れた短冊状のディテールはリボンタティファニースーパーコピーイのようだが、実は襟の延長線上にある。くくればクラシックに、垂らせば動きのあるアヴァンギャルドなシャツにと、1枚のシャツの可能性を拡げている。コム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真24今季はシャツ地を使ったジャケットも多く登場しており、その中で“ニセモノ”のジャケットが紛れている。“ニセモノ”と呼ばれる所以は、後ろとサイドを完全に除いたストールのよバレンシアガ帽子コピーうな形をしていて、フロントだけがジャケットに見える仕組みだから。襟元からストールのようにかけて着用する“ニセモノ”は、通常のジャケットなら生まれない軽やかさと心地よい動きをもたらしてくれる。パズルのような組み合わせで規則的な図形を描くコム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真5パズルのようなの組み合わせで完成するシャツは、ブランドの真骨頂。今季は、一見すると規則的な図形が並ぶグラフィックをプリントしたかのようなデザインだ。最近のコム デ ギャルソン・シャツで連続して登場していた、抽象的アートを想わす有機的な曲線や、立体的な構造は控えめに表現されている。シャツ地が叶えるカジュアル×フォーマルコム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真8シャツ地を使ったスーツも注目したい点だ。やピンドットのスーツは、共布のシャツとあわせてスタイリングしている。ジャケットは、太目のシルエットで仕上げ、ボトムスもワイドストレートあるいはクロップド丈で設定し、スーツとは言えカジュアルシャツのようなラフさを備えている。“笑う男”がファッションを盛り上げるコム デ ギャルソン・シャツ 2021春夏コレクション -“シャツ”の概念を超え、深化と進化を進める|写真15ランウェイの中盤に立て続けで登場したピンク色の“笑う男”が目一杯かかれたプリントは、ジャケット、シャツ、ボトムス、コーチジャケットなどにあしらわれている。加えて、(ASICS)とのコラボレーションによるスニーカーのからも、彼らは目一杯の笑顔を届けている。

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(原題:The Big Short)が、2016年3月よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー。第88回アカデミー賞では、作品賞、監督(アダム・マッケイ)、助演男優(クリスチャン・ベール)、脚色(チャールズ・ランドルフ アダム・マッケイ)、編集賞(ハンク・コーウィ)の合計5部門にノミネートされてルイヴィトン靴コピーいる。 原作は、映画『マネーボール』の原作者であり、アメリカを代表するベストセラー作家、マイケル・ルイスの『世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち』。世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちを描いた真実の物語だ。 ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンに、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットと、人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結。 プロデューサーは、映画『マネーボール』に続いてブラッド・ピット、脚本は原作者のマイケル・ルイスがつとめ、アダム・マッケイ監督が映像化に挑む。 00年代、好景気に湧くアメリカで、住宅バブルに隠された危険な「時限爆弾」にセリーヌバッグコピー気付き、ウォール街のパワーも権威も常識もすべてを敵に回した4人の男たち。彼らが仕掛ける、その痛快すぎる勝負の行方はいかに。 【ストーリー】
2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品「サブプライム・ローン」が、数年以内にデフォルト(債務不履行)に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。
同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。
また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。
2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる 。 【作品情報】
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(原題:The Big Short)
公開時期:2016年3月
出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット
監督:アダム・マッケイ
脚本:マイケル・ルイス、アダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフ
原作:マイケル・ルイス『世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち』(文春文庫刊)
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

夜景体験イベント「トーキョー タワー シティライト ファンタジスタ ~サマー オブ ジャパン~(TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~SUMMER OF JAPAN~)」が東京タワー展望台で開催。期間は2018年6月15日(金)から9月17日(月・祝)まで。 東京タワー展望台で夜景イベント、ひまわり畑や花火を"ネイキッド"によるプロジェクションマッピングで|写真3 「トーキョー タワー シティライト ファンタジスタ」は東京の夜景と、プロジェクションマッピングによる演出を融合させた夜景体験イベント。2018年1月までは「」をテーマに、雪や氷が光り輝く神秘的な世界を創り出していた。 2018年夏は「サマー オブ ジャパン」をセリーヌスーパーコピーテーマに、夜景と日本の夏風景がコラボレーションした空間を展開。夜景が広がるメインデッキに、星が煌めく夜空と、ディオールマフラーコピーゆらゆらと揺れる波打ち際が現れる。波のゆらめきをきっかけに、ひまわり畑が一面を覆いつくし、和柄をはじめとする松や鶴などの反物が風にたなびくなど、鮮やかで美しい光景が広がっていく。クライマックスは夏の風物詩である打ち上げ花火や、夜景を覆い尽くほどのナイアガラ花火を目にすることができる。 東京タワー展望台で夜景イベント、ひまわり畑や花火を"ネイキッド"によるプロジェクションマッピングで|写真5 北面はワイドな窓にリニューアルされており、今まで以上に迫力の映像を楽しめるのでおすすめだ。また、現在改装中の東面の窓にも、7月末以降にはプロジェクションマッピングを追加投影する予定だ。 また、制作にはクリエイティブ集団「ネイキッド(NAKED Inc.)」が協力している。 【詳細】
「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~SUMMER OF JAPAN~」
期間:2018年6月15日(金)~9月17日(月・祝)
場所:東京タワー メインデッキ(旧大展望台) 2階フロア
住所:東京都港区芝公園4-2-8
放映時間:6月15日(金)~8月2日(木)19:30~22:50
8月3日(金)~8月30日(木)19:00~22:50
8月31日(金)~9月17日(月・祝)18:30~22:50 ※時間中は連続投映
料金:メインデッキまでの展望料金のみ ※大人(高校生以上) 900円、子供(小・中学生) 500円、幼児(4歳以上) 400円
制作協力:NAKED Inc.

↑このページのトップヘ